英語耳を育てる&元気の出る動画集その①

最近どうにも元気溌剌、というわけでもないので、元気が出る動画としてよく使ってるものをまとめてみる。

今回は、最も好きなボディビルダー、ロニ―コールマンの元気の出る動画。

筋トレファンがよく、「ライウェイベイベー!」って言ってるのの元はこのお方。

www.youtube.com

↑最高

www.youtube.com

↑特に5分以降が元気出る。

 

www.youtube.com

 

 

 

トレーニング意欲の上がる動画① Arnold Classic AUS

livestream.

備考 日本人のプロ、山岸さんは54分から。

 

カッコいい…トレーニングしたくてたまらなくなる動画!!!

12/28

ジム納め。今日は友達にもらったCCDを用いて、背中と胸を両方。

 背中はいつもと違って、halfDLで高重量→DLで低重量 から始めた。やはり高重量を安心して扱える種目は先にする方が良いな、という感じを受けた。

 胸も種目はいつも通り。ダンベルフライの最後の所で手首を回転させて、より大胸筋を収縮させるようにしてみると、いつもよりはるかにきつく、効いた。これは取り入れていくことにする。

ここから1,2週間高重量は扱えないので不安だが、とりあえず今日は良いジム納めやった。

12/27

 最近あまりにもブログを書いていなかったので、年末という事を口実に文章を書いてみようと思う。というのも、特に大きなこともなく、また日常の独り言はTwitterで完結しているために、ブログを書こうという気が起こらなかったのである

 さて、今年は去年までとは少し違う年であった。どこが違う、とはっきり言えるほどの違いは無い、去年まで同様に、なんとなく考えずに生きている、と言えばそれは正しいのだが、そのなんとなくの度合いが少し減った年、というのが一番しっくりくると考える。これは、3回生になり卒業を意識することが多くなったことも原因の一つである。卒業を意識することにより、多少は自分の将来を考える機会が増え、また、そのことによって自省する機会も増えたのである。いや、書き進めていて思うにこの書き方は正確ではない。悩む度合いからして、自省するきっかけは、卒業を意識することにより将来を考える機会が増えたことである、と言う方が自然である。

 自分の将来について何を思っていたか。自分はマスターコースに行くか、については(院試を無事パスできれば)確実に行くと思っていた。その先ドクターに進むか、それとも就職するか、するならどこに行くか。ドクターに行くならば行った後どうするか、ポスドクからアカポスを目指すのか、それともドクターから就職するのか、そして、ドクター・ポスドクから就職することは可能か、などである。ただ一つ、巨大な悩みの種が生まれた。それは自分が今までろくに物理を勉強していないと思えてきた、という事である。ふと、ここまで自分はろくに物理を勉強していないんじゃないか、という事を思うに至った。そこからは自分の怠惰さなどに気が向く様になった。ここが自省するきっかけであったことは間違いない。

 大学での授業等への自分の姿勢を振り返ってみる。大学の授業では、自分はこれが嫌いであり、必要なので単位を取らねばならない、と言い切れるものに対しては全力で手を抜き、単位だけをかすめ取ってきた。ここについてはやはりこれで良いと思うし、もっとまじめにやればよかったなどと思う気はさらさらない。面白いと感じた一般教養や教職についてはそれほど手抜きをした覚えもなく、後悔も無いからである。ただ、物理の、主に理論系科目への姿勢を省みて後悔することは有る。2回前期だけはなぜか全くモチベーションが湧かずに、テスト勉強を全くしないでテストを受けたり、課題を全写ししてみたり、という時期があったからである。ただ、これに関してはある程度リカバリーできたと思う。ただ、後悔するとはまた違う、今の自分の物理などに対する姿勢や、精神的な物についての反省が、重く自分にのしかかっていた。

 重くのしかかっているものを具体的に上げるならば、自分の精神性や、怠惰さである。出来る友達の答案をもらい、理解していたことが好成績を収めていたことに寄与していたにもかかわらず、自分は結構出来ると思い込んでいた時期もあり、それを思い出すと強い自己嫌悪に襲われていた。そこそこましなんじゃないか、と思っていただけに、自分の出来なさが見えていなかった。これがまた、自分は底辺じゃないか、と思う事にもつながった。問題を解く機会が増えるうちに、人にできた問題が自分にできない、という事を幾度も経験し、物理が向いていないんじゃないかと思う事もあった。毎日継続的に本を読むことすらしていない、本を一冊読み切るまで至ることもめったにないくせに落ち込んでいる自分に苛立つ事もあった。バイト先やらでは頭がいいと言われ、それに舞い上がる自分にいら立つこともあった。やはり自分は理系に向いていない人間だったのか、とか、能力が無い、など、無駄に思い詰める瞬間も。全国トップクラスでもない所で、、と思っているのもあるかもしれない。

 これが少し前までの振り返りなのだが、最近少し先に進んでいる。解けない問題を人が解いている瞬間はやはり辛いものがあることもある。しかし生産性のない事を考えるほど無駄なことは無いと常々自分に言い聞かせていることが功を奏したのかもしれない。やはり自分よりできる人は居て、努力不足だろうが何だろうがはぁ…となるのはそれは仕方がない。ただ、本を真面目に読み進めようというモチベーションはないことは無いし、本を読み進めるのが苦でもないし、もう少し物理の道に居ても悪くない、と思うようになった。

 また、勉強不足というか、目が向いていないことも見えてきた。少なくとも、ここまで自分は物理に出てくる計算を見れば感動があったりしていたのだが、ちゃんと物理をしていたわけでもないな、ということである。要するに、物理的意味、というやつを大して考えていなかった。ただ、計算を追う事については結構してきたし、多くを忘れていると言っても再び相見えれば一回目よりは困惑しないで居られると思うので、院試の勉強を機に点と点だったものが繋がることに期待している。問題を味わって解く事を意識する。結構しんどいような事を挙げてしまったが、これは物理に関してのみ書いた事であり、これだけ悩めるものに出会えたのは人生にとって良い事である。結局のところ自分は物理がさっぱりできない、分かっていないけれども、なんとなく面白く感じているな、と思う。

 というわけで今年は柄にもなく色々考えてしまい、一時期は無駄に自信喪失しきっていたのだが、抜け出した感じがある。この無駄な自信喪失のおかげで彼女できねぇ…という悩みは自己嫌悪の方向へ向かったこともあったし、無駄に自分を貶めたり、自信を無くすことほどあほらしい物もない。全く碌でもない。自信を無くしている人間よりは自信を持っている人間の方が魅力的であり、人より劣るという落ち込みは(その時その時は感じるだろうけれども)持ってもなにも良い事が無い。来年は筋肉を愛し、学問に向き合い、様々な面で強く、デカく、美しくなるために考えるべき事を考え、出来るだけそうでないものについては考えずに、自信を持った一年にしたいものである。

 

ちなみに最近新しくにゃんこ大戦争とジョジョSSにドはまりしたので、やってたり、新しくやる、とかがあればジョジョSSはフレンド申請宜しく。

11/11

 今日は脚→二頭トレ。色々と鬱屈していたのをそのままトレーニングにぶつけてきた。

 まずは脚トレ。記憶が正しければSQの重量は上限を100kgに抑えて60・80・100の10rep×3set。ランジを20・40キロで10rep×2set。ここから、レッグプレスを踵で押すことによって大殿筋に効かせるのを160、200ポンド×10rep×5set。レッグエクステンションはいつもより20ポンドずつ上げて20rep×4set。非常に大切なこと、かつ自分がよく気を抜いて今井がちな点、すなわち

膝とつま先の向きをそろえる

テンションを緩めないように意識を向ける

という事も徹底してでき、普段では絶対にできないと思うほどの追い込みだった。フラフラになる度合いもひどく、何とも言えない充実した脚トレだった。

 その後の二頭トレ。今思えば脚トレの集中力が継続できていたようで、ここ2,3か月のうちで一番しっくりくる(筋肉に効かせられた)ものとなった。こちらについても自分の意識が抜けがち、かつ意識するとうまくいく点、すなわち

ダンベルスピネイトカールでは小指側を外側に十分回転させる

ハンマーカールでは親指側を外側に十分回転させる

という事を徹底できた。短頭を痛めつけるとその後長頭も効かせやすいという感触を得た。

 

9/30

 通信制限で画像を上げられないので今日も画像は無し。家の都合やらでカロリーは乱れに乱れているけれども、ウエストは少し小さくなって、体重はこの1か月で1kgくらい減っているから、、まあ、仕方ないとする。

 昨日は背中のトレーニングをした。先週できていなかったので、どんな感じになるのやら、と思ってやってみれば、いつもよりも質の高いものになったので良かった。デッドリフトの時の肩甲骨の寄せ、を相当に意識、過去最高に意識した結果、広背筋にはかなりの刺激が入ることを実感した。デッドリフトをやり始めたころは腰に違和感を感じたりすることもあったのだが、今ではそんなこともなくなって来た。しかし重量を、特に床引きデッドの重量を上げることに対して臆病になっているから、いまだに床引きは100kgジャスト位を扱っている。ハーフデッドに関しては腰に関する恐怖が床引きよりはましなので重量を上げているんだが、時間によっては行っているジムのバーベルの量の問題で、120kgまでしか扱えないときがあるのが残念。デッドに関してはフォームがかなりマシになって来た、という気持ちがあるので、今後の背中の発達に期待している。

9/11

 最近更新をしていなかった。というのも、どうにもmyfitnesspalのPFCバランスの画像のやり取りがあまりうまくいかない。まあ、Fを20%らへん、カロリーが1800程度で、たんぱく質は3桁は取ろう、くらいで、あんまり変わり映えもしないし、もう少しキツクなって意思の力が居るときに貼り続ける。

 まったく違う話になるが、ローストビーフを9月中に作る目標が達成できないかもしれない。身近にあるスーパー4つ全てに牛ももが無かった。ただ、もう一つの、鶏むねをジューシ―に調理するという目標は達成した。以下の手順。

①煮沸している湯に胸300g弱の塊を突っ込んで、10分煮続ける。

②火を消して30分ほど放置

色々試していると、①→②の移行時に料理酒を流し込んだ方が柔らかくなる。①の時間を増やして②の時間を減らすとジューシーさが減少する、ということが分かった。